Page: 1/4   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
合格おめでとう♪
私には妹女と弟男がいるのですが、今日は弟の話。

ここ最近珍しく(?)やる気で勉強しているなぁと思っていたら、先月、簿記の試験を受けたようです。
で、今日が合格発表。

結果は・・・

めでたく合格祝

最近はネット上で合否が見られるらしいですね。
資格試験といえば、私は最近何を受けたかもわからないくらいチャレンジしてないですが、結果発表の日が近づくと、毎日郵便が来てないかドキドキしつつ家に帰ったもんです。

試験前から自信ありそうだったし、よかったよかった。
今回3級を取ったようなので、もう2級の勉強を始めた様子。
TOEICだって初めから高得点取れる訳じゃないのと一緒(語学好きとしてはそういう解釈)、一歩一歩進んでいって欲しいです。

私も4月から何か始めたいな〜。
カルチャースクールの広告を眺める毎日です。
今のところ注目は:
・沖縄民謡と‘さんしん’(沖縄の三味線みたいなの)
・写真教室
・パンづくり
・色鉛筆画
・映画の日(毎週水曜)活用 ←もっと映画を観ようかな映画
・せっかく実家に帰ってきたから母に料理を習う!
・フルートとケーナをまた細々とやろうかな

あ!NHKラジオの英語とドイツ語のテキストが買ってきたまま置いてある・・・

4月って、なんだか新しいことを始めたくなりますねぇGO!
| きたちゃん | 21:53 | - | - |
うるおいモニタ
今日も乾燥ムニョムニョ激しいです・・・
uru
「うるおいモニタ」が赤!
乾燥肌なので、こりゃ辛いです。
赤くなって、剥けていきます。
季節の変わり目は肌が気候の変化についていけないのか、しんどい日が続きます。
毎年少しづつ良くなってきているので、あと少しの辛抱かな。

気分を変えようと、春らしい色の化粧品を買ってみたのですが、しばらくおあずけです。
健康ってありがたいもんですね。
| きたちゃん | 14:41 | - | - |
いい子にするから
街はますますholidayモードです。
ラジオはクリスマスソングばかり流しているし、お店や家々の飾り付けも電飾がキラキラぴかぴか
会社の同僚も、チームで「プレゼント交換プレゼント」なんか始めています。
(くじをひいて、それに書かれている人にプレゼントをあげるそうです。)

で、いつも行くスーパーですが・・・

santa

「特設コーナー」には、トナカイとかサンタさんのチョコなどのお菓子がどっさり。

よく見ると、「くつした」がぶら下がっていて・・・

santa1

写真ではわかりにくいですが、
右のくつしたには;
Dear Santa, I have been a good boy
(サンタさん、ぼく、いい子にしてたよ)

私のお気に入りは左のくつした。
Santa, I promise I'll be good
(サンタ、いい子にするから)

買いそうになってしまった・・・
| きたちゃん | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Holiday Season
「日本は街の飾り付けが変わるのが早い!」と聞くこともありますが、アメリカも11月にしてHoliday Seasonモードです。
(会社の雰囲気も・・・)

1118

トナカイのポーズがカワイイ。
奥の車と比べると分かりますが、かなり大きいです。
(去年も同じだったけど@ South Coast Plaza)

1118-1

モールもライトアップされています。
写真が暗くなっちゃいましたが・・・

"Feliz Navidad" (Happy Holidayみたいな感じ)と、スペイン語の看板があったりします。

何となく物足りないのは、雪降る中の夜景が家の近くでは見られないこと。ゆき

まぁ、年中暖かいというのは有り難いですけど、こういうときは、寒い方が、なんか、感じがでますよねぇ。

数年前に、地元・広島の備北丘陵公園にライトアップを見に行きましたが、きれいだったな〜〜〜
今年もやってるのかな?
確か、キャッチコピーは
大事な人と来てください

・・・叔父、叔父の友人たち、そして私の女友だちと行っちゃいました・・・

でもでも、今考えると、それって、と〜っても大事な人たちと行ったな、って思います。
| きたちゃん | 16:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
とくちょう:ふつうのにんげん
急に「てんどんまん」が両手に持った箸であたま(ドンブリの蓋)を叩きながら笑顔で歩く姿が頭に浮かび、ググってみました。

てんてんどんどん てんどんど〜ん

の、歌が頭から離れず・・・

 ←てんどんまん


オフィシャルサイトには、各キャラのプロフィールが載っており、つい見入ってしまいました。

しっかし、アンパンマンの世界、かなり奥深い・・・
それぞれのキャラの設定がきっちりしているし、私の記憶にあるよりもかなりキャラが増えています。
(ま、姪っ子甥っ子がアンパンマンの対象年齢だったのは十数年前か・・・赤ちゃん子供
それに、設定がけっこうシビアです。

「ロールパンナちゃん」なんか、悲しいですよ。
"わたしは、ジャムおじさんに作られたメロンパンナのお姉ちゃんなの。ジャムおじさんが、良い心のもとになるまごころそうのしるをいれてくれたんだけど、ばいきんまんが、ばいきんジュースを生地に入れてしまったので、二つの心を持つようになってしまったんだ。メロンパンナの声を聞くと、わたしの赤いハートが輝いて、悪い心のときでも、良い心になることができるの。"
(日テレのオフィシャルサイトより)



 →ロールパンナちゃん


あと、おもしろかったのが、「ジャムおじさん」。

とくちょう: ふつうのにんげん。

確かに、アンパンとか、カレーパンなどの食べ物・あるいはうさぎの先生みたいな動物が多数を占める世界においては、人間であるというのは、特徴になるんですね〜〜〜
アメリカのテレビドラマ「トワイライトゾーン」で、“美意識”に関するエピソードがあって、それにも通じるものがあるなぁ、と思いだしたりしました。
「ブタの鼻を持った人が美しい」とされている世界の設定で、少数の美男美女(私たちの世界でいう美男美女ですよ。鼻筋の通った・・・)たちが、「ブサイク!」みたいな感じで蔑まれて、悩んで、最後に整形手術をしようとする話。
ラストシーンで初めて、「多数派/(その世界での)美しいひとたち」の顔が大写しになるんですが、ブタの鼻なんですよ。
こりゃびっくり。

なんか、最近出張続きで忙しかったんで、あんぱんまん、息抜きになりました。
| きたちゃん | 12:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
いろんな気持ち (くぼちゃん語録)
またまた先日の久保田利伸(くぼちゃんハート大小)の番組から。

音楽だけじゃなくて
いろんな人に会ったりとか
いろんな気持ちになったりとか
いい思いも嫌な思いも含めて
それが明らかに無意識のうちに影響している

いい思考でいれば
何年後かには何かを得られる、
そういう気持ちでいますけどね


「何年後か」かぁ・・・
なかなかそんなスパンで物事を考えられていないな、と反省。

アメリカに来て、日本にいるよりも“いろんな気持ち”を学ぶ機会はたくさんあったと思いますが(トシとっただけかも冷や汗)、くぼちゃん(失礼)は、私よりも、もっともっと“いろんな気持ち”になったはず。
それなのに、“いい思考でいれば・・・”と言えてしまうくぼちゃんはスゴイ!

今日は嫌なことがあったけど、
「そのことを考えて貴重なアメリカ生活の時間を無駄にしちゃだめだ!楽しいことを考えても1分だし、嫌なことを考えても1分よ」
と、くぼちゃんの言葉を思い出して、お風呂に入って、ピラテスのDVDやって、ちょっと落ち着いたとこです。

愛読書「アルケミスト」を読み返したりして。
(羊飼いの主人公が、羊を全部売って得たお金を騙されて盗まれたところで)
“・・・一人の人間が僕を裏切ったから、僕はいじわるになり、人を信用しなくなるんだ。僕は宝物を見つけられなくなったから、宝物を見つけた人を憎むようになるだろう。そして、自分はだめな人間だという考えにとりつかれるだろう。[...]
こうしたことをつくづく考えているうちに、彼は自分のことをどろぼうに会ったあわれな犠牲者と考えるか、宝物を探し求める冒険家と考えるか、そのどちらかを選ばなくてはならないことに気がついた。
「僕は宝物を探している冒険家なんだ」と彼は自分に言った。”


私の場合は、
「XXXと考えるか、プロフェッショナルな駐在員と考えるか、そのどちらか・・・」
ってとこでしょう。

数年後に、自分と同じ気持ちを人に味あわせないで済むように、今日感じたことを心に留めておこうと思います。
| きたちゃん | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハロウィンモード
気が付けば10月も下旬、街はハロウィンの飾り付けに囲まれてきました。
haloween
近所のスーパーです。
右側のガイコツは、人が近づくとセンサーが反応し、何やらしゃべります。
子どもが怖がらずに握手しようとしていたのでビックリわーい

スタバなどのコーヒーやさんにも、「パンプキンなんとか」系のメニューが登場。
日本のスタバにもあるのかな?
| きたちゃん | 13:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
寄付ってさぁ
家に着いてドアを開けようとしたら、知らない男の子に話し掛けられました。
(ナンパじゃないよ〜〜〜)
たぶん中学生か高校生くらい。

実際、こういうタイミングで誰かに話しかけられることだけでも結構こわいです。

「今時間ある?」
と聞いてきたので、
「忙しいから時間ないです。急いでやらないといけないことがあるし。」
と、家に入ろうとしたけど、おかまいなしに話しつづけてきました。

私に何がしてほしかったかっていうと、
学費の寄付。
地元新聞のプログラムらしく、寄付を集めると、新聞社から一定金額が奨学金として支払われるしくみだそうです。

「学生か?」
と聞くので、
「違います。」
と言うと、
「卒業してるなら教育の重要さがわかるだろ?寄付してくれ」
と、しつこい。ちっ

以前、新聞社関連の学費寄付をしたら、新聞の購読契約ではないという話だったのに定期購読登録を勝手にされて、解約したものの、解約するまでの代金は払わされて(当たり前か)嫌な思いをしたことがあったんです。
なので、それを話して、さらに、「もう子どもの教育に関しては他の団体にこの間寄付したばかりだから、もう自分としては十分だと思っている(ウソだけど)」と断ろうとしました。
糖尿病患者の方々のための寄付はしたけどね。

でもでも、
「新聞はボクのママのところに配達してもらうようにすればいい」
「どうして俺には寄付してくれないんだ」
と、帰ろうとしません。

ドアを閉めてもいいけど、部屋を憶えられてて今後何かされても嫌だし、納得して帰ってもらうしかないなと。

「1ドルでいいから寄付しろ」
と言ってくるので、
「どうして強制されて寄付しないといけないの?寄付はしたくない。別にあなたに寄付したくないんじゃなくて、新聞社関連の寄付が嫌なんです。」
と断りました。

な〜んか、1ドル(今なら119円?)投げつけて帰そうかとも思ったとき、
「嫌ならNoと言え」
と言ってきました。
(言ってるのに・・・)
「No, I don't think I would like to donate.」
と言うと、諦めてようやく帰っていきました・・・

入り口にゲートがあるコミュニティだけど、まぁ、入ろうと思えば入って来れますよね。
それか、ここの住民か。

コミュニティ内での募金活動はやめてほしいなぁと思いました。
まだショッピングモールの人気の多いとことかならいいんだけど、やっぱり玄関先はこわいです。泣き顔
そんなとこで財布出すのもねぇ・・・

いちお、周りにだれかいそうな時は、いなくなってから玄関の鍵をあけるようにしていますが、今日は疲れていたのか、タイミングが悪かったのか、全然気付きませんでした。
| きたちゃん | 11:53 | comments(6) | trackbacks(0) |
彼女に作ると思って
今更ですが、PCに顔文字辞書を設定してみました。
これがカワイイ!
特にこれ↓

<(`^´)>

えっへん”です。
「自画自賛体質」に拍車がかかりそうです・・・

それはさておき、

先日、近所の某イタリアンへ行ってきました。
ここ、アメリカにしてはアルデンテな麺が出てくるし、ティラミスおいしいし、店も小奇麗なので、出張者が来たときによくお連れしていたお店です。
ウチからも出張者の方がよく泊まられるホテルからもまぁ近いし。

で、「とりあえずビール」で乾杯ビール
(この日は自分のクルマ車で行かなかったので安心。)
会話に花を咲かせながら飲んでいて、ふっとグラスを見たら、ちっちゃい虫が泳いでいました。
「きゃぁ〜〜〜。虫ぃぃぃぃ泣き顔
と泣いちゃうようなキャラでもないんで(チッ)、ウェイターさんが来たときを見計らって、
「グラスに虫が入っているので、替えてください」
とお願いしました。

そしたら・・・
「グラスに虫は入るもんですよ。また入ったらいけないから、瓶ビールだけ持ってくるけどいい?」
という返事。
なんだそりゃ・・・

謝ってくださいとは言わないけど、どうせビール交換してくれるんだったら、そんな余計なこと言わなきゃいいのに。
それとも、結構飲んだところで、わざと虫をグラスに入れて交換させて、料金以上に飲んじゃう人がいるとか?
そんなお客さんが来る感じのお店じゃないのにな・・・

アンタ、自分の彼女のグラスに虫が入っとってもそんな対応するんかい!?ぶー
と、思いました。
日本のどこかのレストランの厨房に、
彼女の為に作ると思って調理しよう
って書いてあると聞いたのを思い出しながら。

料理はおいしいし、受付の人の感じもよかったので、残念です。
そのウェイターさん、私たちの帰り時間が近づいてくると、だんだん愛想がよくなってきましたが、もう遅いですよねぇ。

おいしいイタリアンは別にもあるので、もうその店に行くのはやめようかな。
| きたちゃん | 03:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
運転中の眠気をとるには
日本から遊びに来てくれた両親・妹夫婦が日本に帰りました。ポロリ

1週間、あまり遠出はせず、近場(車で2時間弱くらいまで)をウロウロしていたのですが、サスガに疲れて、たまに運転中に眠気が。
タフな義弟(年上だけど)がずっと起きていて喋ってくれたので何とか持ちましたが、その時に、ドライブ好きらしいアドバイスをくれました。

エアコンの風を手にあてたらいいですよ〜〜〜

何でも試してみるのが好きなので、早速実験。

おぉ〜〜〜、眠気が覚めた!

No.1営業マンらしいうんちくで説明してくれたところによると、人間は体温調節を手のひら(甲だったか?)で行うため、そこには血管が集中していて敏感なんだそう。

アメリカでは長時間ドライブすることが多いので、助かります!
今までは、1人ドライブの時は窓開け閉め&久保田利伸カラオケ熱唱(時には勝手にハモ」る)で乗り切っていましたが、新技を会得しましたぞパクッ
| きたちゃん | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode